ミニバンはワンボックスとは違う


ミニバンと聞くとどういった車を想像するでしょうか。意外と勘違いされやすいでは、ワンボックスの車と勘違いされることがありますが、ワンボックスカーとミニバンは違った車種です。ワンボックスというと、ボンネットが出っ張っていなく、フロントが平になっている車のことを言うことがほとんどです。それにくらべてミニバンは、普通車の様に普通にボンネットが前に飛び出しています。ワンボックスカーのエンジンは運転席の下にあるのですが、ミニバンの場合は、運転性の前にあることがほとんどです。

 
ワンボックスカーでも車内の広さなどを推しているメーカーはたくさんありますが、車内で快適になれるということではミニバンは非常に便利な車種でしょう。ワンボックスカーは一般的に商用車として使われることが多いです。それは、荷物を載せることに適している仕様になっているからでしょう。ミニバンは基本的に普通車として使われている車です。ワンボックスカーとミニバンの大まかな違いはそういった所にあるでしょう。多くの人に人気があり、多くの人に利用されているのはミニバンの方が多いのではないでしょうか。
こういった車の知識は持っておいても実用性は低いですが、車を購入する際などに多少の意味は出てくるかもしれません。

 
ミュゼ 横浜店舗情報
 

 

 

コメントは受け付けていません。