コンパクトタイプミニバン


「ミニバン」と言うよりは、一歩間違えると「コンパクトカー」に分類されてしまいがちなのが「コンパクトタイプミニバン」です。車種としてはトヨタのシエ ンタ、パッソなどがありますが、このコンパクトタイプミニバンの利点は他のミニバンのタイプと比べてみても維持費が安くおさえられると言うことでしょう。

 

まず、ボディがコンパクトであるがゆえに載せるエンジンの排気量も小さくすることが出来ます。ミニバンは2400ccのエンジンなど大きな排気量がほとん どであるがゆえに、排気量税が高くなりがちです。またボディサイズも大柄であればそれだけ重量も重くなってしまうので重量税も掛かります。そんな維持費の 問題をこのコンパクトミニバンは、1500cc程度の排気量のエンジンと1200キロくらいの車重で軽減してくれるので、若者にも人気があります。

 

ですが デメリットとしては、やはりコンパクトなサイズがわざわいして3列シートの設定があっても、3列にしてしまうと荷物が全然つめなくなってしまいます。それ から普通のミニバンと違って車内も狭いので、大家族を乗せるのには適していませんし、室内の快適性も広さもじゅうぶんとは言えませんので気をつけましょ う。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。